Trangiaアルコールバーナー(TRB25)/火力調整フタを使用した メスティン「ほったらかし炊飯」一合炊き のご紹介

ほったらかし炊飯

Trangiaアルコールバーナーとは

 

Trangia社とは、メスティンで有名な1925年創業のスウェーデンを代表するアウトドアギアメーカーであり、アルコールバーナーも超有名で、エスビット製品と世界で二分する製品です。
日本ではイワタニ・プリムス株式会社が正規輸入代理店です。TRANGIA公式サイトによれば、このバーナーはスウェーデンで製造されているみたいです。最近多い中国製でない点も何となく安心できます。
実際に使用してみると良いバーナーだと実感できます。
 

参考)EVERNEW製 ステンレスアルコールバーナー EBY250 での一合炊き

   

以前、エバニュー製ステンレスアルコールバーナー EBY250  での一合炊きをご紹介しました。

「ほったらかし炊飯」/アルコールバーナーによるメステイン一合炊き


固形燃料とポケットストーブでの「ほったらかし炊飯」は、ほぼ失敗が無く誰でも美味しいご飯が炊けます。このエバニュー製アルコールバーナーの火力と燃焼時間の曲線が、固形燃料とよく似ているという点です。このよく似た「火力と燃焼時間」でエバニュー製アルコールバーナーでの「ほったらかし炊飯」が可能になったといえます。

   

Trangia製アルコールバーナーとEVERNEW製ステンレスアルコールストーブとの火力の違い

 

EVERNEW製ステンレスアルコールストーブとTrangia製アルコールバーナーとの違いは、火力が違うという点です。
Trangia製アルコールバーナーで炊飯すると火力が強いせいでしょう、必ず焦げ付きが発生します。
バーナーパッドで炎を分散しますが、それでも強烈な焦げ付きが発生しています。
2回炊飯を実施してオコゲが発生したご飯を食べましたが、まあオコゲご飯は嫌いではないので食べましたが、でも炊飯としては失敗です。

 

Trangia製アルコールバーナーでのオコゲ発生 炊飯失敗例

  

◆アルコール量30cc、バーナーパッド有りで一合炊飯した結果です。燃焼時間は11分20秒
 アルコールバーナーTOPとクッカーとの距離は35mm 火力調整フタ無し

火力調整フタを使用しないで炊飯した結果

焦げてます。個人的には少しカリカリして美味いと感じてますが、まあ炊飯としては失敗です。

 

Trangia製アルコールバーナーの火力低下させる方法

  

何とか、固形燃料のように火力を抑えて炊飯が出来ないかと模索した結果が、Trangia製の火力調整フタを使用することでした。

本体にのせる「火力調整フタ」ですが
スライド扉全開で、同じアルコール量で
「火力調整フタ」有りで火力を半分にし、燃焼時間を約2倍に引き伸ばしてくれます。

◆「火力調整フタ」有無での火力と燃焼時間 の過去の記事です

ユーチューブにも映像をアップしています
Trangiaアルコールバーナー/ 火力調整フタ有無での火力&燃焼時間の検証

火力を検証するために水を使ったので、100℃以上の領域は不明なのですが、「火力調整フタ」を使用すると燃焼時間が約2倍に伸びることから、火力は半分程度になっていると思われます。
  

火力調整フタを使用した結果

  
◆「火力調整フタ」有無での比較した火力と燃焼時間のグラフです。
  火力調整フタは全開 アルコール量は30ccで一定 バーナーパッドは使用しています。

・火力調整フタ無しだと、6分~9分の約4分間が100℃以上です。この4分間で焦げるんだと思います。
 水なので100℃以上の加熱の状況は分からないのですが、火力が強いんだと感じます。
 
・火力調整フタ有りだと100℃以下で推移しています。燃焼時間も2倍の22分です。
  

グラフに固形燃料25gのデーターを加えると

   

固形燃料25gとポケットストーブを用いた曲線(赤色)と、火力調整フタ有りのアルコールバーナーの曲線(緑色) まあ完全に一致してませんが、100℃も超えてませんし、いい感じです。

緑と赤が交差する11分は、固形燃料の火力が弱まるポイントで、それ以降は加熱するより温度維持する領域です。

100℃越えが無く、固形燃料の曲線と似ている「火力調整フタ」を用いた炊飯を実施してみました。

 

火力調整フタを使用して実際の炊飯

  

・クッカー:ニトリ黒メステイン

・ケンエー製 燃料用アルコール
   メタノール(77%) + エタノール(22%)

五徳:CanDo五徳 (高さ75mm)
 バーナーが側面から出し入れできるように
 加工済

バーナーパッド(自作)

  
・Trangiaアルコールバーナー(TRB25)
 火力調整フタ有り(スライド扉全開)

吸水

・無洗米一合 180ml (157g)

・水:220cc

クッキングシート(メスティン折り)使用

・吸水時間30分

炊飯

燃料アルコール:35cc
燃焼時間:約17分

バーナーパッド(自作)使用

ニトリ黒メスティンはフタがきちっと入るのでフタが浮き上がるような事がありません。
当然、フタの上にのせる重しもなし

蒸らし

蒸らし:約10分間
バーナー上で何もしません
(ほったらかし蒸らし)と呼んでます

炊きあがった時の画像がありません。
画像は、しゃもじでほぐした後です
試食しましたが硬めの美味しいご飯です。
 
少し茶色の箇所が底側にありますが、
焦げ付きは、ほとんど有りません。

何時も通り、レトルトカレーをかけて食べました。美味しいカレーでした。
メスティンで炊いたご飯とカレーの相性はバッチリだと思います。

ちなみに、レトルトカレーは、セブンイレブンの「ビーフカレー中辛」です税込み105円

美味しいカレーだと思います。値段も安価だし。

火力調整フタを使用した炊飯結果

火力調整フタ(スライド扉全開)を利用すると、一定量のアルコール燃料での「ほったらかし炊飯」が可能となります。炊きあがったご飯も、焦げ付きがほぼ無く美味しいと思います。

 

#ほったらかし炊飯

#アルコールストーブ

Tabi浪漫TOP

   

バーナーパッドの必要性

  
実は、同様な炊飯を4回実施してまして4回とも美味しい炊飯に成功しています。1回だけバーナーパッド無しで実施してみましたが、クッカーの中央部にコゲが発生してますので、火力を分散させるためにバーナーパッドは不可欠だと思います。
以前、バーナーパッド有無での加熱試験をした結果、バーナーパッド使用にて、火力が約10%程度減衰しますが、炊飯に関しては火力分散効果のほうが重要だと思います。

炊飯には絶対にバーナーパッド使用したほうが絶対に良いですよ!

◆以前の記事です。愛用しているバーナーパッドです。

 メスティンに最適な格安バーナーパッド(110円)

アルコール燃料を35ccにした理由

  
たぶん、30ccでも炊けると思いますが、アルコールバーナーはアナログ的でありブレがあると感じてます。実際、30ccで上手く炊けた時もありますが、下側にブレると芯のあるご飯になります。芯の有るご飯は本当にまずいです。これが嫌なので、35ccにして少しコゲがあるぐらいのご飯にしています。少しぐらいコゲが有っても美味しく食べれるので。

それとバーナーパッドを使用していて火力が低下しますので、アルコール量を5cc増やして35ccとしています。
どうしても焦げ付きが嫌な方は、30ccでも大丈夫でしょう。たぶん!

クッカーをメスティンではなく、PRIMUSソロクッカーMを用いるとアルコール量は25ccとなります。
クッカー底が円形であり熱効率がアップするためだと思われます。 

 

燃焼時間が短くなる点

 
バーナーパッドを用いると、使用しない時と比べて燃焼時間が2割程度短くなります。
何回テストしても同様な結果になります。検証した結果、バーナーパッドを使用すると輻射熱でバーナー本体の温度が上昇することが判明しました。結果、アルコール燃料温度が上昇して火力が強くなり燃焼時間が短くなると判断されます。バーナーとクッカーの距離35mmでの結果ですが、距離50mmとクッカーを離すと輻射熱の影響が少なくなるので、この現象は無くなるのでは?

Tabi浪漫TOP

   

関連記事

◆画像をクリックすれば、関連記事一覧に入れます。

  


  

 最後までお読みいただきありがとうございます。独り旅を楽しむ情報を発信しています。現在、旅の衣食住の「食」に関する情報が多数です。今後ともご愛読ください。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました