「ほったらかし炊飯」/固形燃料によるフッ素コートメスティン 二合炊き

ほったらかし炊飯

ほったらかし炊飯での二合炊き

  

Trangia製のメスティンは1.8合まで炊飯が可能で、何度かトライした結果、フタを押し上げるほどパンパンな状態でした。
今回、快速旅団製のフッ素コートしたメスティン(MiliCamp)を入手したので、固形燃料を用いた「ほったらかし炊飯」2合炊きに挑戦してみました。
まあTrangia製のメスティンで何度も経験してますので上手く炊くコツもご紹介します。

メスティンNS(ノンスティック)加工品

メスティン(Milicamp)にフッ素コーティングされていて容量が800ml(2合)となっています。
販売:快速旅団
価格:5390円

このメスティンに関しては下記記事をクリックしてください
ノンスティック加工(フッ素コートしたメスティン)

こだわって作っているせいか、価格は高いですが「良いメスティン」だと思います。フッ素コート膜の劣化もほとんど感じません。
ただ、よくカレーをメスティンのご飯にかけて食べるのですが、当然スプーンはプラスチック製を用いてます。またメスティン内にポケットストーブ等を収納するのですが、フッ素コート膜を傷つけないために100円ショップで買った巾着袋に入れて収納しています。
あと、ガスバーナーを使用する時には、火力を出来るだけ弱めて使うことが必要だと感じます。

結構、フッ素コート膜を傷つけないように気を使ってます。

   

ポケットストーブでの 固形燃料2個 使用時の注意事項

ポケットストーブには固形燃料25gが2個入ります。

ストーブの対角線上でしか2個は入りません。
角度は約30°です。

メスティンをポケットストーブと並行に置くと
固形燃料の炎がメスティン側面側に逃げてしまいます。特にバナーパッドを用いると炎の逃げが大きくなります。
結果、炊きあがったご飯に一部芯が残ります。
過去に経験あり。

この問題はポケットストーブ上にメスティンを斜め30°に置くことで解決します。

画像中の赤い四角は、ポケットストーブ 2個の青い〇は固形燃料を示します。

    


    

 ポケットストーブ上に平行にメスティンを
 置く場合

 ポケットストーブ上に斜め30°に傾けて
 メスティンを置く場合

 平行に置いた場合、炎が逃げている。

斜めに置くと炎の逃げは無く、メスティン底にあたっています。


バーナーパッド無しでは平行に置いても炎が広がりませんので大丈夫な気がします。ただ、炎がスポットとしてあたりますので、焦げる量は増えるのではと感じますし、メスティンの底へのダメージが少なからずあると思います。
ライスクッカー(ユニフレーム製)などの底が丸く広い物には何の影響もなく、ただポンと置くだけで大丈夫でした。

過去2度ほどストーブ上にメスティンをポンと置いた炊飯にて芯が残っており炊飯に失敗している経験から、上手に炊ける方法として改善した方法です。以降、メスティンを30°傾ける方法での炊飯の失敗はありません。

炊飯開始

   

吸水時間:30分以上
無洗米:二合300g(360cc)
水:440cc + 20cc
1合では噴きこぼれはありませんが、2合では
噴きこぼれがかなりありますので、少し多く水をいれます。

 

メステインを30℃斜めに置く

固形燃料に着火、ポケットストーブがかなり熱くなるのでシリコーン鍋敷きは必要です。
バーナーパッド:自作

レトルトカレーをアルミホイルに包んでメスティンのフタ上にのせて暖めます。
炊飯時間は約20~22分
片方が早く消火しました

    

蒸らし10分以上
炊きあがったご飯が上までパンパンです。

炊きあがったご飯をひっくり返してオコゲの状態を確認。少しオコゲ(画像の茶色部)があります。

   

皿にご飯を取り、レトルトカレーをかけて食べる。今晩の晩御飯です。
非常に美味い!

右側のサラダは、セブンイレブンで購入
198円と安価ながら美味い。
レトルトカレーもセブンイレブンで
98円 100円程度のカレーなのに美味い!

 

後片づけ

  

焦げた箇所はありません。

少し水を入れて、ティッシュで拭きとりました。
使ったティッシュの枚数は5枚程度、拭き取った結果は、さすがフッ素コート加工品ですね、
すごくキレイです!

山旅や道の駅での車中泊など洗い場が無い時を想定しています。ティッシュと少しの水があれば片付けが可能です。超簡単ですよね。
 

ポケットストーブと固形燃料2個使用した炊飯結果

  

メスティンの幅が狭いために、ポケットストーブ上の固形燃料(2個)の位置にあわす必要があります。
特にバーナーパッドを用いると炎が広がるため、炊飯を失敗しないためにも約30°メスティンを斜めにするだけです。普段は独り旅なので2合炊飯はしないのですが、キャンプなどで人数が増えた場合には2合炊きが出来れば便利だと思います。

   
 

炊飯にはフッ素コートメスティンが最適

   

フッ素コートされたメスティンは最高にいいですね。少し価格が高いのが難点ですが。
メスティン炊飯にはクッキングシートを用いた方法もあるので、どうなんでしょ。

フッ素コートしたメスティンは、内部のコート膜を傷つけないように、中に収納する物をカバーする収納袋が必要かと思います。金属製のスプーン・箸は用いないなど、ラフな取り扱い出来ないのが欠点だと感じます。

    


関連記事

 

◆画像をクリックすれば、関連記事一覧に入れます。


  


  

最後までお読みいただきありがとうございます。独り旅を楽しむ情報を発信しております。現在は、衣食住の「食」に関する情報です。今後もご愛読ください。

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました