日清食品「カップメシ」山行の昼飯として検証・・・5分で調理完了! パックごはん増量で満腹! 美味しい!・・・山旅での昼飯に最適!

車中泊レシピ

山行で使用する「ご飯シリーズ」

山行で使用する食材は、何しろ出来るだけ軽く、そして簡単調理で口にする事が出来るのが基本となります。
バーナーでお湯を沸かすだけで食べれる「ごはん飯」にこだわってみました。

比較してみました

3000m級での山行に使用する「ごはん飯」を比較してみました。

3000m級のテン場で非常に沢山の方が使用しているアルファ米です。私自身も愛用しております。
お湯を入れて15分で、普段食べるご飯粒と同じ感触の美味しいご飯が食べれます。
後で紹介するフリーズドライと比較しても美味しいと思います。
朝方にお湯を入れて昼食とする事ことも出来るなど山行での利用価値は高いと感じます。


モンベルが出したフリーズドライ製品です。
製造元は永谷園だそうです。
私自身一度しか食べたことがありませんが、正直、味と量からして価格が高いと思います。
お湯を入れて3分程度で食べれるのは良いのですが、正直、洋風おじやという感触でウーンと言う感じです。
チーズや餅を入れて美味しくなるとのネット情報がありますがどうなんでしょうか。
まあ昼飯用かな、晩飯としては失格だと思います。


2014年に日清食品から販売されている「カップメシ」です。
「カレーメシ」「オーシャメシ」「炎メシ」「ぶっこみ飯」の4種類がメインですが、
新規の期間限定品が多数販売されており、いろんな味にチャレンジしている商品です。
今回は、定番である「ぶっこみ飯」と「カレーメシ」で検証してみました。
販売当初は容量122gでしたが現在では107gと減量され価格もアップされています。
2023年6月より希望価格が254円から280円と26円アップされます。少し残念!

まあ現在でも、薬局や100円ショップで時々安売りされていますから、今後はそれねらいで!


<比較一覧表>

個人的に、高度が低い山行であるなら「ほったらかし炊飯」でご飯を炊いてますが、高度がある山行では尾西食品のアルファ米を愛用しております。

<参考>フリーズドライ化とアルファ化との製法の違い

日清食品 カップメシにご飯を増量

今回は、日清食品のカップメシを実際の山旅の昼飯としてとしてみました。以前の記事としても書きましたが、カップメシの欠点は量的に少ない点だと思いますので、製品名「パパッとライス」100gを入れて増量してみました。6時間程度経ったサーモボトルのお湯(約80℃)を入れて5分程度経過後の味と量的にどうかを判断してみました。
現在、一番「カップメシ」を気に入っている点は、日本全国どこのスーパー、コンビニ等で入手できる点と、価格が安いという点です。

日清食品「カップヌードル ぶっこみ飯」

ラーメンの後にご飯をぶっこむ罪深きうまさ

「カップヌードルを食べた後のスープにご飯をぶっこんだ「あの味」を再現しました。カップヌードルのスープをベースにフライ麺の香ばしい風味を加えた、お湯かけ5分でできる禁断の味」
だそうです。

内容量 (ライス量) 90g (75g)
必要なお湯の目安量 280ml
カロリー 346Kcal
価格 242円 
(100円ショップで168円で購入)


日清食品の「カップヌードルぶっこみ飯」

増量するご飯は、「パパッとライス 超やんわか」の半分100g。
(100円ショップで100円で購入)

お湯は、朝方モンベルの「アルパイン サーモボトル」に入れた沸騰したお湯で、5時間経過してますのでお湯の温度は約80℃だと思います。入れるお湯の量は280ml。

参考までに、「アルパイン サーモボトル」の湯温は、6時間ごとに約10℃低下します。

お湯をカップのラインまで入れて、「パパッとライス 超やんわか」の半分100gを入れます。

お湯を入れて少しかき混ぜて、5分間放置します。
5分放置後、よくかき混ぜます。

美味しく食べるには、1分間程度はかき混ぜる必要があります。

食べた結果、美味しく食べれました。ご飯100gを追加してますのでボリュームがあります。味的には、ご飯100g追加しても何の問題もない感じです。
まあ、味はカップヌードルの麺を食べ終わって残った汁にご飯を入れた感じです。アハハ!
正に、カップヌードルの味です。

75gのフリーズドライ米はお湯で戻すと約3倍の約220gとなります。これに100gのご飯を入れるので、ご飯の量は320gとなりほぼ一合と同じ量となります。
ご飯が一合近くありますので、食べても結構満腹感があります。

カロリーは346Kcalなので追加するご飯の100Kcalと合わせて446Kcalとなります。
山行に用いるとなると、ちょっとカロリーが低すぎるなと感じます。

日清食品「チキンラーメンぶっこみ飯」

ラーメンの後にご飯をぶっこむ罪深きうまさ

「チキンラーメンを食べた後のスープにご飯をぶっこんだ「あの味」を再現。チキンラーメンの麺を使用して元祖鶏ガラの味わいとフライ麺の香ばしい風味を出した、お湯かけ5分でできる禁断の味」
だそうです

内容量 (ライス量) 77g (47g)
必要なお湯の目安量 290ml
カロリー 315Kcal
価格 242円 
(100円ショップで168円で購入)

まあまあ美味しいと感じますが、ライス量47gとカロリー315Kcalと低いのが問題な気がします。ヌードル系のカップヌードルのカロリーが400Kcal前後ですから。高カロリーが必要な山で用いるにはとうなんだろうと思ってしまいます。ご飯100gを増量しても総カロリーは415Kcalとちょっと低い感じですよね。


「チキンラーメンぶっこみ飯」もカップ飯100gを増量して食べてみました。やり方は、「カップヌードルぶっこみ飯」と同じです。
お湯は、6時間後のモンベル製アルパイン サーモボトルからの80℃前後のお湯を使用。
これも、正にチキンラーメンの味で、少しチキンラーメンの麺が入っています。味的には、個人的にチキンラーメンが好きなので「カップヌードルぶっこみ飯」よりは、こちらほうが美味しいと感じました。
買うなら「チキンラーメンぶっこみ飯」ですかね!個人的にはですが。

山行での昼飯としては良いと思いますが、総カロリーが少し低い気がしますので、晩飯としては無理な感じがします。

日清食品 カレーメシ ビーフ

お湯で作れるカレーメシ!

「メンよりメシ! カレーメシ! お湯さえあればどこでも美味しいカレーが楽しめる! コリアンダー、カルダモンなどのスパイスにタマネギの甘みが特長的なビーフカレーです」
だそうです。

内容量 (ライス量) 107g (69g)
必要なお湯の目安量 230ml
カロリー 465Kcal
価格 242円 
(100円ショップで168円で購入)


   

「カレーメシ ビーフ」もご飯100gを増量して山で昼飯として食べてみました。
やり方は、「カップヌードルぶっこみ飯」と同じです。
お湯は、6時間後のモンベル製アルパイン サーモボトルからの80℃前後のお湯を使用。

お湯をカップのラインまで入れて、「パパッとライス 超やんわか」の半分100gを入れます。

少しかき混ぜて、5分間放置します。
5分放置後、よくかき混ぜます。

「パパッとライス 超やんわか」を入れた時点で均一になるようにかき混ぜるほうが良いと思います。
かなり大きいカレールーの固まりが有りますので、それをお湯で溶かすと後で楽になりますし、味的にも良好になります。

放置して5分経過後

5分経過後、さらに1~2分程度よくかき混ぜます。
日清食品のコマーシャルみたいに「グルグル」とよくかき混ぜると本当に美味くなる感じです。(笑)
でも本当によくかき混ぜると液が少なくなってお米がふっくらとする感じです。

放置5分後 → グルグルと2分間かき混ぜ後

5分経過して、さらに2分程度かき混ぜた結果、画像のようにカレーとご飯を混ぜ合わせたカレーが出来ます。
ご飯を増量しないと、少しスープカレーみたいな状態ですが、ご飯を増量することで普段食べているようなカレーとご飯を混ぜたような感じになります。

食べた感想して、正直、なかなか美味い!
ご飯100g増量してますので、量的にも満足感が得られます。

総カロリーは、465Kcal(カレーメシ) + 100Kcal(ご飯100g) = 565Kcal 
摂取カロリーとしても満足出来ると思います。

感想

味には好みもあるので判断は難しいのですが、個人的には「カレーメシ」が一番の様な気がします。山行に用いるにも「カレーメシ」がカロリー的にも多く摂取できますから、やはり「カレーメシ」が一番のような気がしてます。

サーモボトルのお湯で5分後に食べれますので、山行での昼飯として利用するなら十分な気がしますし、ご飯を増量するとボリューム感からして山行の晩飯としてもいけるのではと思います。
登山に必要な摂取カロリーは男性で3500Kcal、女性で3000Kcalと言われてます。
「カップメシビーフ」+ライス(100g)で565Kcal ですので、何か副食でのエネルギーチャージが必要だと思いますが。
ご飯を追加した「カップめし」と、後、何か副食があれば山行での晩ごはんとして楽しめそうです。たとえば、350ccのビールは、約40Kcal(100g) ✕ 3.5 = 約140Kcalなので2本飲むとか。(笑)


<その他カレーメシのシリーズ商品>
カロリーもそこそこ高いですし、味的にも満足出来ると思います。
ただ、シーフードはまだ食べたことがありません。すいません!次回食べてみまーす。

日清キーマカレーメシ スパイシー

お湯で作れるキーマカレーメシ!

「ニオンなどの野菜とチキンのうまみをベースに、クミン、カルダモン、クローブやコリアンダーなどのスパイスをきかせた香り高くスパイシーなカレーです」
だそうです。

内容量 (ライス量) 105g (69g)
必要なお湯の目安量 230ml
カロリー 450Kcal
価格 242円 

日清カレーメシ シーフード

お湯かけ5分でおいしいシーフードカレー!

「ローレル、タイムなどのスパイスを使用し、魚介の豊かな風味とコクがギュッと詰まったイカしたシーフードカレーです」
だそうです。

内容量 (ライス量) 104g (69g)
必要なお湯の目安量 230ml
カロリー 442Kcal
価格 242円 

日清バターチキン カレーメシ まろやか

まろやかな味わいのバターチキンカレーメシ

「トマトの酸味とバターのコク、チキンのうまみをベースに、ジンジャー、ガーリックなどの風味をきかせたバターチキンカレーです。赤唐辛子のほんのり後引く辛味が特長です」
だそうです。

内容量 (ライス量) 100g (69g)
必要なお湯の目安量 230ml
カロリー 436Kcal
価格 242円 


カレーメシのシリーズ商品全てカロリーが400Kcal台と高いですし、ご飯100gを増量することで満腹感も得られますので、山行の晩ごはんとしても良いのではと感じます。
今回は、日帰り山行の昼食として実施してみましたが、用いたお湯もサーモボトルのお湯で超簡単に調理できますし、本当に簡単で「そこそこ美味い」という経験が得られました。
時々、ドラッグストアー、100円ショップ、スーパーなどで200円以下で安売りしている場合が有りますので、見つけたら即ゲットですね。
ただ、賞味期限は6ヶ月ですので注意が必要です。


   

#アウトドア料理

Tabi浪漫TOP


EVERNEW製ステンレスアルコールバーナー EVERNEW製チタンアルコールストーブ PRIMUSクッカーNS SEA To SUMMITY ケトル Trangiaアルコールバーナー ほったらかし炊飯 アウトドア料理 アウトドア用調理器具 ガスバーナー キャンプ場 クッカー クッキングシート シュラフ チタニユームストーブ バーナーパッド ポケットストーブ メスティン ユーチューブ動画 一合炊飯 二合炊飯 五徳 使い捨てカイロ 湯たんぽ 固形燃料 山専用ステンレスサーモボトル 車中泊 軽バン 道の駅 関連記事一覧


関連記事一覧

◆画像をクリックすれば、関連記事に入れます。


   

最後までお読みいただきありがとうございます。独り旅を楽しむ情報を発信しています。
今後ともご愛読ください。

    


EVERNEW製ステンレスアルコールバーナー EVERNEW製チタンアルコールストーブ PRIMUSクッカーNS SEA To SUMMITY ケトル Trangiaアルコールバーナー ほったらかし炊飯 アウトドア料理 アウトドア用調理器具 ガスバーナー キャンプ場 クッカー クッキングシート シュラフ チタニユームストーブ バーナーパッド ポケットストーブ メスティン ユーチューブ動画 一合炊飯 二合炊飯 五徳 使い捨てカイロ 湯たんぽ 固形燃料 山専用ステンレスサーモボトル 車中泊 軽バン 道の駅 関連記事一覧


コメント

タイトルとURLをコピーしました