Esbit製チタニュームストーブ改造 PartⅡ アルコール系固形燃料専用受け皿にジェル状着火剤による「ほったらかし炊飯」

アウトドア用調理器具

Esbit製チタニュームストーブ改造 PartⅡ

前回、アルコール系固形燃料が使えるようにEsbit製チタニュームストーブに円形の受け皿を取り付けました。

今回は、実際にお米一合の炊飯を実施してみます。
  

◆オリジナル(原型)

Esbit(エスビット) チタニュームストーブ ESSTI115TI
重量:15g
価格:1725円(Amazon価格)

受け皿が四角形で、Esbit製固形燃料専用みたいな感じです。100円ショップで売られている円筒型の固形燃料は高さがあるため、ほぼ使用できません。

◆改造後の円形受け皿を取り付ける改造後の形状

改造後でも専用の収納袋に入ります

100円ショップで入手できる 20g、25g、30g 3種類の固形燃料を円形受け皿上に置いてみましたが全て燃焼することを確認いたしました。固形燃料TOPとクッカーとの距離は15mm前後となり火力的には最強の状態となります。

固形燃料とクッカー間の距離での火力の強さを検証した、以前の記事です。
距離15mm~20mmが火力が最強となります。

改造方法

前回記事でご紹介した改造方法です。

「ほったらかし炊飯」一合炊き

円筒型の固形燃料(青色)を使った場合は、もう何回も一合炊飯に用いてますので、今回は、ジェル状の着火剤で「ほったらかし炊飯」を実施してみました。

ジェル状固形燃料(着火剤)を使用

個人的に「ジェル状固形燃料」と呼んでいるBBQ用の着火剤です。

主成分はメタノールで、円筒型の固形燃料(青色)と同じ成分です。
100円ショップで売られています。当然3個入って100円です。

27g × 3個
  

正式な商品名は、「着火剤」「パック燃料」などなどですが、
このサイトでは「ジェル状固形燃料」と呼んでいます。

円形受け皿にジェル状固形燃料を入れます

このジェル状固形燃料も燃焼させると、残渣物が付着しますので、5号アルミカップを敷きました。アルミホイルでもOK。

袋には容量27gと明記されてますが、手で完全に絞り出した量は24.2gでした。

円形受け皿の深さ(高さ)を8mmにした結果、
ジェル状固形燃料(24g)だとテンコ盛り状態となります。
まあ、下にこぼさないように入れる必要があり、結構神経使うので少し面倒です。
受け皿の深さ(高さ)を、もっと深くとっても良かったのではと思います。
深さ8mmではちょっと浅いかなー。

ジェル状固形燃料(着火剤)での「ほったらかし炊飯」

   

無洗米:一合
水:220cc  吸水時間:30分

クッカー:PRIMUS製ソロクッカーM
      (900ml)

固形燃料:ジェル状固形燃料(24g)

加熱時間:17分  蒸らし:10分
合計炊飯時間:27分

上手く炊けてます。

ひっくり返したクッカー底の状態です。オコゲが少しあります。


このジェル状固形燃料の残渣物は黒色をしています。青色の固形燃料だと残渣物の色は青色なのですが。
やはり、アルミホイルをひいていて正解でした。

チタニュームストーブからアルミホイルを外してゴミ箱にポイできますから便利ですよね。

ユーチューブに動画をアップ

説明用の映像です。3分程度と短く編集していますので是非ご視聴ください。

結果

ジェル状固形燃料(着火剤)を使った炊飯は、何の問題も無く上手く行えます。
このパックに入ったジェル状固形燃料は、単に皿に絞り出すだけなので非常に簡単にセットできます。
それと、揮発し難いのではと思いますので長期間の保存が可能な点でも良いと感じます。

チタニュームストーブに、円形の受け皿を取り付けた改造は成功だと思います。
この記事を読まれた方も是非改造してみてください。
特にUL山行には最適です。

    


#ほったらかし炊飯

#固形燃料

#チタニュームストーブ

Tabi浪漫TOP

関連記事一覧

◆画像をクリックすれば、関連記事に入れます。


   

最後までお読みいただきありがとうございます。独り旅を楽しむ情報を発信しています。現在、旅の衣食住の「食」に関する情報が多数です。今後ともご愛読ください。

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました