独り旅 メスティンを使った夕食(カレー)

車中泊レシピ

車中泊の食事

車中泊にしろ山旅にしろ、簡単にお腹を満足させるのはカレーだと個人的には思ってます。笑われるかもしれませんが、実際、長旅であれば2日おきに食べても何の問題もありません。
まあ、レトルト製品はカレーだけでなく多くの製品が有りますので、例えば中華丼のレトルトをかければ美味しい中華丼として食べれなど日によって食事内容を変えることも可能です。

私としては、メスティンでの炊飯とごはんの上からかけるレトルト製品、あとはビールとポテチがあれば満足しています。
   

街中では自炊不要


私としては、街中の道の駅での車中泊では、ほとんど自炊をしません。
それはコンビニやマーケットがあるからで弁当やお惣菜を買ったほうが安くて美味いと思います。
それと夕方過ぎにマーケットに行くと半額になるサービスがあったりと、絶対にそのほうが楽しいと思います。たいがい、お店にレンジがあって暖める事もできるので、ホカホカの晩飯にありつけます。


熊野古道の旅をした時など、「道の駅 奥熊野古道ほんぐう」に隣接している生協が午後5時半からお惣菜が半額になるのですが、それ目当ての地元の方の行列に、私も並んでお弁当や唐揚げ等をゲットしていました。
熊野古道を歩くために10日間ほど車中泊場所として利用しましたが、最高でした。
   

自炊以外の楽しみ方

  

自炊する場合は、登山口に移動して周りに何もない場所であるとか、キャンプ場に入った時ぐらいです。朝飯も同様で、近くにコンビニがあれば朝飯はパンと100円コーヒーをイートインコーナーで食べます。ついでにモバイルバッテリーに充電もできますし。
近くに「すき屋」があれば朝食セットの「卵かけご飯」250円だったかな。
昼飯は、お湯を沸かしてカップラーメン。まあ時々は、地場の美味しい物を食べに有名店に入ることもありますし、ビジネスホテルに宿泊して近くの居酒屋にて晩飯を楽しむこともありますが。
  

狭い車中泊で、何が何でも自炊する人の気持ちがわかりません

   

何が何でもと自炊する人の気持ちがわかりません。山が趣味なので人里離れた登山口に入れば店は無いので、この時ばかりは自炊します。
まあだいたいメスティンでご飯炊いて、上にレトルトカレーかけたどんぶり飯、そしてスープぐらいの食事内容ですが。
 

メスティン炊飯とレトルトカレー

  

当然、後片付けが楽なクッキングシートを用いた固形燃料「ほったらかし炊飯」です。
クッキングシートの作り方などは下記リンク先をクリックして記事をごらんください。

関連記事

    

動画アップ


後日、動画としてユーチューブにアップしました。

 

さあ炊飯開始!

無洗米0.75合 3/4合
水 180cc 1合軽量カップ
クッキングシート(グラシン紙)使用

吸水時間 30分以上


使用したカレー

・セブンイレブン 「ビーフカレー甘口」
・価格:98円だったと思う(税抜き)

値段の割には美味しいカレーです。
同じようにローソン、ファミリマートにも
100円前後の商品があります。
食べ比べてみましたが全て美味しかった。
美味しいのに安い!最高


・固形燃料 25g
・固形燃料上の網は、バーナーパッド
 100円ショップの「アク取りお玉」を改造

・固形燃料下にアルミホイルを引くこと
 固形燃料が燃焼ともに溶けて広がることが
 ある
・ストーブが熱くなるので、「シリコン樹脂
 鍋敷き」を敷く(100円ショップ)



・固形燃料ストーブ 
 Amazonで5年前に買った数百円の格安ストーブです。表面は汚れとサビでボロボロにみえますが、
 機能的には何の問題もありません。固形燃料25gが二個入りますので、二合炊きまで可能となり
 ます。

 

エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ

ブランド: ノーブランド

  • 材質:鉄(亜鉛メッキ)
  • 大きさ:10x7.7x2.3cm(収納時)
  • 10x7.7x5.4cm(展開時)
  • 重量:105g(本体のみ


Amazonでの商品名は 「エスビットと同サイズの固形燃料ストーブ」  
価格:¥336円 (2021年1月時点)  安いですよねー 毎年買い替えてもいいぐらい。
と言いながら、なかなか壊れません。 
 


・レトルトカレーをアルミホイルで包む

注意)
アルミホイルで包まないとバーナーの熱で
レトルトの端が焼けて変形する。
最悪 中からカレーがこぼれる


・炊けました 蒸らし10分以上

表面のご飯を一口試食
とっても美味い!
極上でーす


・メスティンで炊きあがったご飯の上に直接
 カレーをかけて食べます。
・すいません。家キャンプなので家内が作っ
 たおかずが多数あります。
・車中泊では、メスティンのカレーとスープ
 ぐらいです。
 店で買ったお惣菜とビールが有れば
 最高の晩御飯となります。

食べ終わったメスティンの後片づけ

 


食べ終わりました。クッキングシートはグラ
シン紙なので米粒はまったく付着していま
せん。きれいに取れています。

 

 

 

 

クッキングシートをメスティンから外して丸
めた状態。最後はゴミとしてポイ!

メスティンもほとんど汚れていません。
焦げ付きなども皆無。
クッキングシートは水はブロックしますが、
蒸気は通すのでメスティンの内側には水分が
溜ってます。



テッシュでゴシゴシと拭きます。3枚程度(3回)拭き取ればほぼOKでしょう。



どうしてもティシュで落ちない汚れがあれば、
白い「メラミンスポンジ」でこすって落とし
ます。
最後にティシュで拭けば、片付け終了!

後はポテチとビールで夜な夜な過ごすだけ。

  

独り旅に最適な炊飯

 

狭い車中泊に最適な晩御飯だと思います。ほぼ洗う必要がありませんし。
洗い場が無い山旅では、最後に紙で拭き取って綺麗にするなどは、山ヤにとってごく一般的な常識ではあります。
大勢での登山では食器等は個人専用ですので、少々汚れが有っても問題なしですね。

洗い物が出ないので、洗い場が無い道の駅などに最適な炊飯方法だと感じます。
道の駅の洗面台で洗っておられる方を時々見かけますが、絶対にやめてください。
マナー違反はやめましょう。マナー違反の結果、車中泊禁止の道の駅が増加しています。

  

関連記事一覧

 

◆画像をクリックすれば、関連記事一覧に入ります。


 
 

最後までお読みいただきありがとうございます。車中泊・山旅を楽しめる情報を発信しています。今後ともご愛読ください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました