Esbit製チタニュームストーブ アルコール系固形燃料を使用できるように改造

固形燃料

Esbit製チタニュームストーブとは

UL山行者に愛されているEsbit製のストーブです。Esbit製固形燃料(ヘキサミン)が使えます。

Esbit(エスビット) チタニュームストーブ ESSTI115TI
重量:15g
価格:1725円(Amazon価格)

見ているだけで何となくワクワクしてきませんかー。これと固形燃料25gで一合炊飯とかお湯が800cc得られるわけですから。

Esbit製チタニュームストーブ改造

固形燃料(ヘキサミン)は、燃焼すると多量のススと固着物がクッカー底に付着するので、個人的に使用しておりません。で、何とか別の燃料が使えないかと改造してみました。

改造した点は、受け皿の側面コーナー部(4点)を金ノコでカットしてフラットになるようにしました。
材質がチタンで硬く難儀すると思ってましたが、薄いからでしょうか、意外に簡単にペンチで広げる事が出来ました。
後は、ヤスリで形を整えるだけで完成です。
側面(高さ4mm)がなくなることで皿(台)とクッカー間の距離が4mm広がります。

各種固形燃料を置いてみました

   固形燃料25g

ダイソー売られている硬いプラスチックに入った25gの固形燃料ですが、クッカーとの距離が近すぎて絶対にダメです。改造にて4mm稼いでもダメでした。
使用するには、ケースから取り出し押しつぶして固形燃料をの高さを低くする必要があります。

   固形燃料20g

100円ショップで売られている20gの固形燃料です。薄いフィルムで覆われていて揮発しやすいタイプ。5個入って110円。高さは16mm。

改造後でクッカーとの距離は約16mm程度なので大丈夫だと思います。
使用する時には、アルミホイルを下に置くか包む必要があります。

   固形燃料30g

100円ショップで売られている30gの固形燃料です。薄いフィルムで覆われていて揮発しやすいタイプ。3個入って110円、Seriaにて入手。
高さは20mm。

改造前は、クッカーとの距離は10mmなので無理でしたが、改造して4mm稼いで14mmになりましたので、何とかなるという感じです。
少し押しつぶして、高さを低くすれば確実に燃焼すると思います。

経験上ではありますが、固形燃料TOPとクッカーとの距離が15mm以上あれば確実に燃焼しますし、15mm~20mmで火力が最も強くなります。


固形燃料25gを押しつぶして距離を稼いだ「ほったらかし炊飯」一合炊きの以前の記事です。

バーベキュー用着火剤を使用できるように皿を工夫

ジェル状の着火剤を燃料として用いる方法です。成分的に固形燃料と同じアルコールなので何の問題も無く固形燃料と同じ火力が得られます。

以前記事にした「バーベキュー用着火剤による「ほったらかし炊飯」一合炊き」です。

ポケットストーブと着火剤を用いた自分の動画です。約3分程度と短く編集してますので、ぜひご視聴ください。

同様な事がチタニュームストーブでも出来ると思います。


5号アルミカップを用いる方法で、まあ大丈夫でしょう。5号アルミカップは一杯に入れて25gとなり軽量カップとして使用します。
着火剤25gで「ほったらかし炊飯」一合炊き出来ます。

アルミカップは少し柔らかくて、使いづらいので直径48mmの容器(材質ブリキ)を加工して高さ15mmを容器を製作しました。
ジェル状着火剤25gを入れて一杯になります。

改造結果

改造して良かった思います。原型だと受け皿の形状によって使える燃料に制限があります。
まあEsbit製固形燃料(ヘキサミン)を使うのを基本に考えられているのでしょうがないと思います。
皿と言うよりフラットな台にすることで多くの燃料を使えるように出来ると思います。

とりあえず、固形燃料20gでの炊飯を試してみたいと思いますので、また記事にします。

改造してもヘキサミン系の固形燃料は使えますし、アルコール系固形燃料も問題なく使えるようになるので便利だと思います。
このチタニユームストーブを持っている方は、ぜひ改造してみてください。
絶対に様々な固形燃料が使えるようになって便利になります。

 


#チタニュームストーブ

#固形燃料

Tabi浪漫TOP

関連記事一覧

◆画像をクリックすれば、関連記事に入れます。


   

最後までお読みいただきありがとうございます。独り旅を楽しむ情報を発信しています。現在、旅の衣食住の「食」に関する情報が多数です。今後ともご愛読ください。

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました