ダイソー固形燃料(25g) 火力アップで700cc水沸騰時間の短縮

固形燃料

固形燃料25gで水を沸騰させる実力

前回の記事で、固形燃料25gで水を沸騰させることが出来る水量は700ccという内容でした。
水800ccでも100℃には到達しませんでしたが、95℃まで上昇しましたので使用上問題ないと思います。

    

問題点 燃焼時間が長い

    

固形燃料25gでお湯を沸かせる水量は700cc~800ccなので、個人的にはソロでの山行には十分なお湯が得られるとの判断ですが、一番問題なのは、燃焼時間が26~27分と長い事です。

個人的にダイソーの固形燃料25gを愛用してまして、メインとしては「ほったらかし炊飯」に活用しています。お湯を沸かすとなれば、ガスバーナーで500ccで3~4分程度で、アルコールストーブで約9分程度です。固形燃料だと500ccを沸騰させるには約17分と、アルコールストーブの倍近い時間が必要となります。

固形燃料での湯沸かしをもっと短時間に出来ないか!

固形燃料のアルミホイルを広げる事で火力アップ

    

 ダイソー固形燃料25g   左:現状品     右:アルミホイルを広げた状態

アルミホイルを広げることで燃焼時間が短くなることは知っていたので、広げた状態で火力アップがはかれるか検証してみました。

アルミホイルを外せば良いのでしょうが、固形燃料が融けて下に広がるが嫌でしたので、角度45°程度にアルミホイルを広げました。外した状態とそんなに変わらないと思います。

水700ccでタイムラプス映像を取得

  

測定した構成は、前回記事と同様です。

単に固形燃料のアルミホイルを「広げる」と「広げない」の違いのみ

  固形燃料のアルミホイルを広げない(現状)

  固形燃料のアルミホイルを広げた状態

PRIMUS ソロクッカーMに入れる水の量は、700cc(一定)です。

温度と時間のグラフ作成

   

タイムラプス映像から、温度と時間をピックアップしてグラフを作成しました。

    

アルミホイルを広げることで火力アップして燃焼時間が短くなっています。
まあ、火力アップして燃焼時間が長くなるなんて絶対にありえませんから。
当然の結果です。

  

アルミホイル状態  燃焼時間(分)   700cc沸騰時間(分)  
 アルミホイルを広げない    27      22
 アルミホイルを広げる   17      15

アルミホイルを広げると、700ccの水を15分(広げないと22分)で沸騰出来ます。

    

固形燃料のアルミホイルを広げると、燃焼時間が0.623と(約2/3)短縮されます。燃焼時間が短縮されると言うことは、火力が約1.6倍強くなっていると思われます。

  

ユーチューブにアップしました

2分程度の短い動画です。ぜひご覧ください。

   

結果

固形燃料のアルミを広げると、火力アップ出来、お湯の沸騰時間を27分→17分と大幅に短くすることができます。

火力を強くするには、ダイソー固形燃料の場合、アルミホイルを除去して使用すれば良いだけだと思います。ただ、ポケットストーブの底にアルミホイルを曳いている必要がありますが。

Trangiaアルコールバーナーの場合、500ccを沸騰させる時間は、8分30秒ほどです。固形燃料でアルミホイル無しで500ccを沸騰させる時間は約11分程度だと思います。差は2分30秒なので我慢できる時間だと思います。800ccでも燃焼時間17分程度待てば、ソロには十分なお湯が得られるわけですから。

固形燃料での「ほったらかし炊飯」にはアルミホイルは必要でしょうが、単純にお湯を沸かすのであれば、固形燃料のアルミホイルを外すべきだと感じます。

前にも書きましたが、固形燃料25gで800ccのお湯が得られるのはソロでの山行には十分だと思います。
アルファ米で170cc、カップヌードルだと300cc、スープに200cc、コーヒーに200cc・・・ 800ccのお湯で何が出来るかと考えると、何となくワクワクしてきませんかー。
一泊程度の山旅に固形燃料だけの調理に活用してみたいと思います。一泊程度なら固形燃料25g数個で夕朝昼の食事がこなせる気がしてます。

固形燃料25gで700〜800ccのお湯が得られることに、固形燃料に結構なエネルギー的なパワーが有ることにビックリしました。メインをガスバーナーかアルコールバーナーにして、サブとして固形燃料数個を準備するのもありかなと思います。アルファー米かカップヌードルなどなら一食の晩御飯が固形燃料25gでこなせる気がします。まあ贅沢な晩御飯ではありませんが。
Trangia製アルコールバーナーで500ccのお湯を得るのにアルコール量30cc必要です。800ccなら単純に50ccのアルコール量が必要だと思います。50ccだから重量は40g。固形燃料だと25g。
固形燃料のほうが優れている感じがしませんかー。

   


   

    

Trangiaアルコールバーナー(TRB25)/クッカーの水を沸かすアルコール量を検証

EVERNEW製チタンアルコールストーブ・・・・一定量の水を沸騰させる最低限アルコール量を検証

#固形燃料

   Tabi浪漫TOP


EVERNEW製ステンレスアルコールバーナー EVERNEW製チタンアルコールストーブ PRIMUSクッカーNS Trangiaアルコールバーナー ほったらかし炊飯 アウトドア料理 アウトドア用調理器具 ガスバーナー キャンプ場 クッカー クッキングシート チタニユームストーブ バーナーパッド ポケットストーブ メスティン ユーチューブ動画 一合炊飯 二合炊飯 五徳 使い捨てカイロ 固形燃料 山専用ステンレスサーモボトル 車中泊 軽バン 道の駅 関連記事一覧


   

関連記事 アルコールストーブで水を沸かす

    


Tabi浪漫TOP

  

関連記事一覧

◆画像をクリックすれば、関連記事に入れます。


   

最後までお読みいただきありがとうございます。独り旅を楽しむ情報を発信しています。現在、旅の衣食住の「食」に関する情報が多数です。今後ともご愛読ください。

    


EVERNEW製ステンレスアルコールバーナー EVERNEW製チタンアルコールストーブ PRIMUSクッカーNS Trangiaアルコールバーナー ほったらかし炊飯 アウトドア料理 アウトドア用調理器具 ガスバーナー キャンプ場 クッカー クッキングシート チタニユームストーブ バーナーパッド ポケットストーブ メスティン ユーチューブ動画 一合炊飯 二合炊飯 五徳 使い捨てカイロ 固形燃料 山専用ステンレスサーモボトル 車中泊 軽バン 道の駅 関連記事一覧


コメント

タイトルとURLをコピーしました