新型コロナ自粛生活で聴いていた曲

健康・音楽・その他

DaftPunk Something About Us

フランスの若者二人で結成されたバンド「Daft Punk」。ヘルメットを被った宇宙人といった姿で
2001年3月に発表されたアルバム「ディスカバリー」で、日本では「ワン・モア・タイム」の曲が
ヒット。
「Something About Us」はアルバム9曲目で恋人によせる悲しい恋心を歌っている
何となく悲しい曲です。

ユーチューブでの動画には、ダフトパンクと松本零士とのコラボレーションによる
アニメーションオペラ(2003年公開)「インターステラ5555」が配信されてます。

動画には松本零士さん独特の人物が登場します。うれしいことに車はホンダの軽バンが快走
します。「インターステラ5555」は「ディスカバリー」の楽曲で構成されておりセリフは
いっさい無しといったアニメーションです。



Pomplamoose カバー曲

from the album “Discovery” (2001)

歌もバック演奏も上手ですよねー。すごく癒されます。
Pomplamoose(ポンプラムース)とはーフランス語でグレープフルーツを意味します。
歌っている可愛い女性はナタリー・ドーンさんで、エレクトーンを担当している
ジャック・コンテさんとご夫婦です。

歌詞


It might not be the right time
もしかしたら今がその時じゃないのかもしれないけれど

I might not be the right one
もしかしたらぼくが言うべきじゃないのかもしれないけれど

But there’s something  about us I want to say
でもぼくたちには何かあるってことが言いたいのさ

‘Cause there’s something between us anyway
だってぼくらの間には何かがあるからね

I might not be the right one
もしかしたらぼくが言うべきじゃないのかも

It might not be the right time
もしかしたら今がその時じゃないのかも

But there’s something about us I’ve got to do
でもぼくたちについてやらなければならないことがあって

Some kind of secret I will share with you
秘密にしていたことを君に言うね

I need you more than anything in my life
なによりも君が大切で

I want you more than anything in my life
なによりも君が必要で

I’ll miss you more than anyone in my life
誰より君に会えなくなることが悲しくて

I love you more than anyone in my life
誰よりも君を愛してるってことを


Daft Punk Offical Video

◆歌詞を見ながら音楽を聴きいると、何だか切ない気持ちになります。
 愛する人を大事にしなければという気持ちになりませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました